出稼ぎ海外渡航の労働者20人逮捕される ヤンゴン郊外

【社会】 2022803

 ヤンゴン市郊外のダゴンニュータウン(北部)郡区に短期滞在中だったチン民族20人が国軍兵士や警察隊により逮捕・拘束されたことが明らかになった。Radio Free Asiaが8月2日に伝えた。

 調べによると、20人はダゴンニュータウン(北部)郡区第39地区のアパートに住み、海外で出稼ぎ労働するためにパスポートを取得するなどの準備を行っていた。7月31日午後5時ごろ、国軍兵士と警察隊およそ40人が駆け付け、アパートの部屋を強制捜査したという。逮捕の理由は明らかになっていない。

 20人は内戦が激しく行われているチン州のミンダッ、マトゥーピー、ハーカー、パランなどの出身だという。

Premium2207-a

最新記事一覧