写真家が拷問され死亡 ザガイン管区

【政治】【社会】 2022802

 ザガイン市内で写真館を経営している写真家のエー・チョー氏が7月30日、国軍により逮捕され激しい拷問を受けた末に死亡した。Radio Free Asiaが8月1日に伝えた。

 調べによると、7月30日午前2時ごろ写真館の経営者エー・チョー氏の自宅に多数の国軍兵士と警察隊が駆け付け、「家に爆発物がある」との容疑で強制捜査を行った。爆発物は見つからなかったが、国軍兵士がエー・チョー氏を国軍施設へ連行。その後、激しい拷問を受けた末に同氏が死亡したため、同日の12時ごろに遺体が家族へ返還された。遺体には複数のアザが確認されたという。

 エー・チョー氏は、軍評議会への抗議デモの写真を撮影し自身のFacebookに掲載していることで知られていた。

Premium2207-a

最新記事一覧