国軍が4日連続の放火 300軒以上の家屋が焼失

【ローカル】【社会】 2022802

 ザガイン管区イェーウー郡で7月28日、国軍と市民防衛隊(PDF)の戦闘で国軍兵士側に多数の死傷者が発生した。国軍側は、その後31日にかけて4日間にわたり放火を繰り返し、300軒以上の店舗と民家が焼失した。DVB Burmese Newsが8月1日に伝えた。

 地元住民によると、国軍は同郡ティン・テイン・ヤン村を襲撃し、金品を強奪したうえで放火。200軒以上の店舗や100軒以上の民家が被害にあったという。

 ザガイン管区では、昨年2月のクーデター以降17,000軒以上の民家が国軍の放火により焼失している。

Premium2207-b

最新記事一覧