国軍が住民30人を逮捕、マグウェ管区

【ローカル】【社会】 2022624

 マグウェ管区最大の都市パコックで、国軍により住民30人が逮捕されたことが明らかになった。DVB Burmese Newsが6月23日に伝えた。

 調べによると、ポーク郡区キンマ村で、6月16日から23日にかけて国軍兵士と国軍系暴力グループ「ピューソーティー」の部隊が襲撃し、30人の地元住民が逮捕され、金品も強奪されたという。

 国軍の軍事活動により、マグウェ管区ではミャイン郡区で20,000人、ポーク郡区で20,000人、パコック郡区で9,000人の住民、イェサチョー郡区で7,000人の住民、セイクピュー郡区で6,000人など、多数の住民が避難している。

Premium2207-a

最新記事一覧