アウン・サン・スー・チー氏、現金と薬が不足と本人が訴え

【政治】 2021608

 アウン・サン・スー・チー国家顧問、ウィン・ミン大統領などに対する審理が6月7日に行われ、弁護団に対して現金と薬が不足しているため工面してほしいとの訴えがあったことが明らかになった。Mizzima TVが同日伝えた。

 弁護士のミン・ミン・ソー氏は「アウン・サン・スー・チー国家顧問は、自宅とは別の場所に使用人など9人のスタッフと同居し、現金と常用している薬が不足しているので工面してほしいとの訴えがあった。軍評議会が支援するとの申し出があったが、彼女はそれを断り自分で負担したいとのことだ」と説明した。スー・チー氏は、ネピドーの自宅から身柄を移送されて以降、軟禁先は明らかになっていない。

 6月7日に行われた審問の前に裁判官と弁護士の間で裁判日程に関する話し合いがあり、180日以内に結審することが決定されたという。6月14日からは毎週月、火の2回公判を行い、14日から原告側の口頭弁論が開始される。

Premium2104

最新記事一覧