2019年度の税収は7兆3,000億Ksに、見込みより増

【経済】 20201028

 2019年度(2019年10月1日から2020年9月30日まで)の税収は、見込みより多い7兆3,000億Ksとなったことがわかった。国内税務管理局が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、2019年度の税収は7兆3,000億Ksで、前年度の6兆7,500億Ksより5,500億Ks増加している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の停滞、輸出業者に対する前払い法人税(2%)の免除、中小企業に対する法人税や商業税の猶予、減額などにより1兆2,000億Ksの税収が減少したとみられているが、前年度より多くの税収があった。

Premium2007

最新記事一覧