ヤンゴン管区の4郡区に対するセミ・ロックダウンを解除

【政治】【社会】 2020520

 保健・スポーツ省は5月14日、ヤンゴン管区の4郡とザガイン管区1郡に発令していた外出禁止措置(セミ・ロックダウン)を解除すると発表した。7Day Dailyが伝えた。

 外出禁止措置の対象となっていたのはヤンゴン管区のミンガラードン、ボータタウン、シュエピーター、ラインターヤーの4郡区とザガイン管区のカレー郡。4月中旬から約1か月続いていた。

 保健・スポーツ省は解除した理由について、各郡区で新たな感染者が発生していないこと、市民が感染防止のための規則を守っていることをあげた。

 なお、ミャンマー政府は5月15日までを期限としていた新型コロナウイルスの感染防止に関する各種制限措置(通達、声明、指示など)に関して、5月31日まで延長すると5月14日に発表した。夜間外出禁止令に関しては5月15日以降、午前0時から4時までと時間を変更した。

e-book

最新記事一覧