世界銀行、2018年度のミャンマー経済成長率を6.7%と予測

【経済】 2018524

世界銀行は5月17日、ミャンマー経済に関する報告書を発表し、2018年度の経済成長率を6.7%と予測した。7Day Daily紙が5月18日に伝えた。
発表によると、2017年度のミャンマー経済の成長率は6.4%だったが、2018年度は6.7%に上昇すると予測した。一方、2017年度のインフレ率は5.5%だったが、2018年度は4.9%に減少すると予測した。
世界銀行は、ミャンマー経済はおおむね良好で堅調な成長が見込めると予測しているが、阻害要因としてラカイン州の人権問題をあげている。この不確定要因により、ホテル・観光業や運輸業界に影響が出て、外国投資停滞の可能性を指摘している。

center_bn_premium

最新記事一覧