ミャンマーのティラワSEZが開業

【政治】【経済】 2015923

日本とミャンマーの官民が協力するヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)が23日、開業した。日本の経済協力の象徴ともいえ、同SEZを中心に投資環境が整備されることで、日本企業の進出に弾みがつくことが期待されている。工業団地にはすでに日系企業24社を含む13カ国の47社が進出を決めており、ゾーンAの7割の土地が契約済という。日本の光洋ラヂエーターがいち早くテスト操業を始めたほか、スズキやエースコックなどが工場を建設する予定。
今回開業したのは、ティラワ経済特区の工業団地の...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧