ミャンマー中銀、輸入業者にドル供給

【社会】【経済】 2015625

ミャンマー中央銀行は16日、ネピドーで行われた輸入業者との会合で、必需品として輸入しなければならないガソリン・食用油・セメントなどの輸入業者に対し、米ドルを中銀の定めた公定レートで直接業者に販売する方針を固めた。
ミャンマーでは通貨チャットの急落でインフレ懸念が強まっているが、輸入業者は公定レートで外貨を入手でき、輸入商品の価格を下げることで物価の高騰を防ぐ。

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧