住友商事など5社、ミャンマー向け航空インフラ事業を受注

【企業】【国際】 2013925

1309251.jpg住友商事、日本電気、NECネッツエスアイ、東芝、モリタの5社が、9月10日付でミャンマー運輸省航空局と「全国空港保安設備整備計画」に関する契約を結んだことが明らかになった。
20日に発表された5社共同のニュースリリースによると、対象となるのはヤンゴン、マンダレー、ニャンウー、ヘホー、タンダウェ、ダウェーの6空港で、ICAO(国際...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧