バックナンバーはコチラ

ヤンゴンは今どうなっているのか ヤンゴン定点観測アーカイブ

ヤンゴンは今どうなっているのか。最新画像とともに、主要スポットの現在をお伝えする。
(特記以外、撮影は全て2021年11月16日)


サクラタワー前

今年2月には、デモで人があふれていた交差点。普段と同じく渋滞はしているものの、今では歩行者はほとんどおらず、“ ミャンマーの丸の内”の面影はまったくない。

スーレーパゴダ

ヤンゴンダウンタウンの中心部で、渋滞のメッカともいえるこの地点は、いつも通りの交通量だった。2月には、数千人規模のデモ行進が行われていた。

ボージョー アウン サン マーケット

新型コロナウイルスの影響もあり、ほとんどの店が閉まっていた。
通り沿いの駐車スペースも車はまばら。

ヨーミンジー通り

人気のコンドミニアムが集まるこのエリアでは、車も歩行者もほとんど見られない。
道端には露店が出ているが、買い物客はあまり見当たらない。

ミャンマープラザ

平日にもかかわらず、施設内は相変わらずの賑わいを見せていた。
この日、イベントスペースでは、婦人服やバッグなどのセール販売が行われていた。

レーダン交差点付近

“ミャンマーの原宿”は、交通量は多いものの、歩行者はほとんどいない。
レーダンセンター周辺には警備する国軍兵士と警察官が多く、写真撮影はほぼ不可能。