バックナンバーはコチラ

ミャンマー在住者最大の関心事 実録!医療最前線

ジャパニーズメディカルデスク(JMD)

▲日本人学校近くに位置するバムルンラードクリニック・ヤンゴン。こちらは一般内科が専門。

▲マヤンゴンタウンシップにあるサミティヴェートパラミークリニック。内科・外科ともに対応する

▲ヤンゴン医療を知り尽くす西村氏が、患者の症状をヒアリングし、適切な病院を紹介している

日本人の安心を保証するサービス
デスク常駐で緊急対応にも強み

 24時間日本語での医療サポートを行うジャパニーズメディカルデスク(JMD)。タイで医療アシスタンス業務を行うブルーアシスタンス社が運営、2016年にミャンマーでサービスを開始した。
 不安の尽きない異国での治療をサポートするために、診察の予約、日本語医療通訳、海外旅行傷害保険によるキャッシュレス対応などを主な業務としている。強みの一つは、タイに本院を持ち高度な技術を有するサミティヴェートパラミ-クリニック、バムルンラードクリニックに医療知識豊富で日本語堪能なスタッフを常駐させていること。「日本人学校に近くにあるのがバムルンラード、パラミー病院の11階にあるのがサミティヴェート。勤務先やお住まいから近くの病院をご利用いただくことが多いです」と話すのは、24時間受付のJMD専用ラインで日本人患者からの相談を受けている西村氏。
 さらに同社では商用機やチャーター機での医療搬送の実績など緊急対応にも強みを持つ。タイのサミティヴェート病院などの私立病院との連携がスムーズで、空港送迎手配、そして保険会社との折衝など至れり尽くせりのサービスで一刻を争う事態に対応してきた。「緊急対応のノウハウがあり、可能な限り患者様の要望に応えることができます」と胸を張る西村氏。また、紹介先は前述した2つの病院だけではなく、総合〜眼科専門といった幅広い分野の病院とも提携し、消化器、脳、心臓などの専門医に受診してもらうことも可能。いずれも同社スタッフが病院に症状を細かく説明するため、これほど心強いものはない。
 今年1月からは日本人看護師が医療コーディネーターとしてサポート開始。主要な海外旅行傷害保険に対応し、キャッシュレスサービスにより高額になりがちな受診料への不安もない。24時間受付のJMD専用ラインほか安心を保証するきめ細かなサービスで、在住日本人の心までもケアしていく。

▲2名の日本語堪能なミャンマー人看護師、その他日本留学経験のある医療コーデイネータースタッフ。丁寧な説明が日本人に高い評価を受けている。また、今年1月からは日本人看護婦が常駐。

受付時間:月~金 9:00~18:00/土 9:00~12:00
※それ以外の時間は電話通訳にて対応
Tel:09-4513-20490(24時間受付JMD専用ライン)
URL:www.blue-assistance.co.th/jmd

【サービス内容】
診察予約、日本語医療通訳サポート、海外旅行傷害保険によるキャッシュレスサポート、24時間サポート
【JMD 通訳常駐】
JMDサミティヴェートパラミークリニック(内科・外科/パラミー病院11階)、JMDバムルンラードクリニック(一般内科)
【医療通訳派遣及び電話通訳可能】
パンライン病院(総合)、アジアロイヤル病院(総合)、ビクトリア病院(総合)、パンラインダウンタウンクリニック(一般内科、24時間受付、緊急外来あり)、パンラインスターシティクリニック(一般内科)、アメリカンビジョン(眼科)