バックナンバーはコチラ

ヤンゴンの移動を制するのはどっち!? ドライバー付きレンタカー vs Grab


昨年に引き続きリバイバル企画! 編集部がドライバー付きレンタカーとGrabを利用して、ヤンゴン在住の方もあまり行ったことがないと思われるスポットを選び、観光してみました。

Start!

ということで始まりました、2年連続企画!まずはドライバーさんを電話で呼び、オフィス前まで来てもらいます。

ドライバーさんに行き先を告げて、とりあえず就寝!ここら辺がレンタカーの真骨頂ですな。着いたら起こしてください、ムニャムニャ……

①Hlawgar National Park(ローガー国立公園)

最初のスポットでまさかの大はしゃぎ。サファリパークのように車で移動する施設で多種の動物にエサやりができ、迫力も相当。こんなに楽しいなんて……

②Dagon Golf City(ダゴンゴルフシティ)

2か所目は、ヤンゴンゴルファー注目の新ゴルフ場・ダゴンゴルフシティ!コンディションは最高です。プレーしたかったなぁ……


③Insein Prison
(インセイン刑務所)

何かと話題にあがるインセイン刑務所。なんとなく予想をしていましたが、いわゆる塀のところまで近寄ることは不可能。表通りまでは行けます

④Tat Bin Nyut Pagoda(タッビンニューパゴダ)

ミャンマーゴルフコースでお馴染みといえば、遠くに見える美しいパゴダ。近くで見れば、それは壮麗な建物。一見の価値ありです


⑤Fun Valley
(ファンバレー)

最後は知る人ぞ知るファンバレー。小さな遊園地で、子どもはきっと楽しいはずです。アトラクションの種類も豊富で半日は飽きません

ドライバー付きレンタカーでの観光を終えた感想

何といっても快適性抜群。行き先を告げて寝られますし、ダゴンゴルフ場についてはドライバーさんから電話してもらって場所を確認しました。ローガー国立公園などの車移動が必須のスポットでは活躍してくれます。さすがにタクシーを付き合わせるわけにはいきませんので。応用が効くという点では、レンタカーはやはり優れていますね。