ミャンマー、外国人滞在権ビザ 最高5年に

【国際】【政治】 2014619

ミャンマー入国管理局は、滞在する外国人に対し、最長5年の滞在権ビザを今年10月までに発給すると発表した。
滞在権は専門家・投資家・元ミャンマー国民・ミャンマー国民の配偶者に与えられる。
1982年に制定された現在の法律では2重国籍が認められず、海外で国籍を取得した場合はミャンマーでの滞在が制限されているが、今回の法改正ではアメリカなどに移住している国民を呼び戻す狙いもある。

seminar

最新記事一覧