【特集2】[漫画上陸100周年!]巨匠に聞く、ミャンマー漫画への思い

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

【特集2】[漫画上陸100周年!]巨匠に聞く、ミャンマー漫画への思い


1915年にビルマ人初の漫画家バー・ガ・レーが作品を発表して今年で100年になる。時代の荒波の中でも、子ども達に夢を与えてきた漫画文化。
若者の漫画離れの声も聞かれる今、70年代から創作を続けるミャンマー漫画界の巨匠、ティン・アウン・ニー氏に、困難にもかかわらず筆を執り続けた思いを聞いた。

ティン・アウン・ニー(TIN AUNG NI)
1945年生まれ。1970年に漫画家デビュー。柔道漫画などを描いたのち、アクション・コメディ漫画「コーピャラウン」で一躍有名に。日常生活をユーモラスに描くことを得意とし、現在も子ども向け週刊誌「Putek」等に連載を持つ。日本財団の教育マンガプロジェクトでの作画も担当する。

時代の荒波にもまれた日々

 幼い頃、私は身体が弱くて学校に行けず、文字も読めませんでした。そんな私の唯一の楽しみが、漫画だったのです。友人が読み聞かせてくれたおかげで、次第に自分も学校に行って文字を学びたいと思うようになりました。13歳頃から独学で漫画を描きはじめ、1964年に漫画家のマウン・ルイン先生に師事しました。

 当時のビルマは大変厳しい状況で、漫画の発表はもちろん、漫画を描くための紙やインクを入手することすら困難でした。時には靴墨を水で溶かし、インク替わりに使ったりしました。生活に困り、路上で寝泊まりした時期もあります。手持ちの財産は眼鏡くらいでしたが、それがなくては漫画が描けなくなります。盗まれないよう、寝る時には地面に穴を掘って眼鏡を埋めていた、そんな時代でした。
 デビュー後の1971年、私の「コーピャラウン」という漫画がヒットし、コミックを何冊も出版しました。仕事が認められて喜んでいたら、翌年にはビルマですべての漫画の単行本の出版ができなくなってしまいました。漫画家だけでは生活できず、出版社で校閲の仕事をしたりしました。

わずかな日本漫画に学ぶ

 当時は娯楽が少なかったので、国民の読書欲は高まっていきました。海外の雑誌などはほとんど入ってきませんでしたが、時折古本屋に日本の漫画本が紛れることがありました。漫画家達はこぞって日本の漫画を買い求め、漫画の描き方を勉強しました。ミャンマー語訳などないのですが、日本の漫画は非常に勉強になると評判だったのです。

  1973年、私は双子の兄弟が登場する「ピャガラウンとピャラチャウン」を発表しました。当時、ビルマ伝統の高床式家屋に住んでいて、その1階の庭に、近所の子どもがよく遊びに来ていたことから着想しました。連載は今も継続中ですが、時代の変化と共にストーリー構成も変えています。90年代以降は、子ども達が楽しみながら道徳を学べる話にしています。

国の英雄、漫画で伝え継ぐ

 現在、日本財団とのプロジェクトの伝記漫画も創作中です。普段はユーモアたっぷりの漫画が得意な私ですが、伝記では英雄達の生き方を表現したいと思い、リアリティを重視しています。時代背景をよく考え、忠実な再現を心がけています。第1巻の「ウ・タント」の場合、子ども時代の写真がないので、現存する26歳当時のものから想像して少年時代を描きました。自国の英雄を描けることを誇りに思います。
 今年は若手漫画家らが中心となり、ミャンマー漫画100周年記念セミナーや展示会を開催予定です。昔は大変な苦労をしましたが、時代は変わりました。若者の読書離れが指摘されていますが、これからは漫画家と政府、出版社が協力して本を読む環境を作っていけたらいいと思います。今後も子ども達に良い刺激を与えられる漫画を、ユーモアを交えて描き続けるつもりです。

 ミャンマーの漫画は大きく3つの潮流に分けられる。風刺漫画と娯楽漫画、そして子ども向けの教育漫画だ。ヤンゴンのチェーン書店のひとつ「サペロカ5」によると、現在の売れ筋の一つが「トッピー」というハンターが主人公のアドベンチャー漫画。年齢問わず人気で「大人の私でも充分楽しめるストーリーです」と同書店のトゥ・ザーさん。日本の漫画では、「ドラえもん」や「NARUTO」等が有名だが、コミックは流通していないという。

 1988年からダウンタウンで取次店を営むコー・ソー・オーさんによると、ミャンマーでは小説などとは違い、たとえ漫画がベストセラーになっても重版しないという。月刊誌のように定期的に出る雑誌が多く、次の号が出れば値段が下がるからだ。この値下がりした漫画本を安く仕入れる古本屋や貸本屋も、漫画の重要な流通経路となっている。

ミャンマー/ヤンゴンの「進出支援/各種コンサルティング」「広告宣伝/販促活動」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「求人/人材紹介」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介求人/就職情報レストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第04993号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY