【特集】[創刊2周年特別企画]ミャンマー版ヒット商品番付

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

【特集】[創刊2周年特別企画]ミャンマー版ヒット商品番付

規制緩和で商品入流

 民政移管後、それまではごく一部のエリート層しか手にすることができなかった商品が、次々と規制緩和されることにより庶民でも手が届くようになった。その代表格が自動車だ。2011年に輸入規制が緩和されると、日本からの中古車が怒涛のように流入した。2014年の日本の中古車輸出先はミャンマーがロシアを抜きトップ。前年比約2割増の約16万台を輸出した。その中で圧倒的な人気を誇るのがトヨタ車だ。ヤンゴンの自動車 ディーラーは「軍政時代からトヨタ車は細々と輸入され、高額で販売されていた。その時からの強いブランドイメージがある」と解説する。

 もうひとつ、一気に普及した商品が携帯電話のSIMカードだ。2011年には闇市場で2000ドル(25万円)だったSIMカードは、1500Ks(約170円)まで値下がりした。2014年の外資参入と、国営ミャンマー郵電(MPT)がKDDI、住友商事と手を組んだことなどで大量に供給された結果だ。各社の決算資料などによると、MPTは昨年7月のKDDI・住商連合の経営参画後、今年3月までに800万枚を超えるSIMカードを販売。新規参入組のノルウェー・テレノールは約640枚、カタールのオレドーも約330万枚を3月までに売った。

情報収集はフェイスブックで

 多くの人が初めての携帯電話としてスマートフォンを手にしたが、一番人気はサムソンのギャラクシーだ。低価格でシェアトップの中国ファーウェイと比べて抜群のブランド力がある。スマホの普及でフェイスブックやバイバーなどのSNSアプリも流行。中でもフェイスブックはなくてはならないツールとして定着した。「若者は多くの新しい情報をフェイスブックで得ている」とADKミャンマーのウィン・ミャ・ティン・オペレーションマネジャーは分析する。

 フェイスブックを販促で活用して評判なのが、自然派が売りの韓国系化粧品ブランド、ネイチャーリパブリックだ。フェイスブックで同社の問い合わせ窓口に質問を送ると、すぐに返事が来る仕組みだ。

化粧品では、日本ではドラッグストアなどで売られている低価格コスメのキャンメイクが、ミャンマーでは高級イメージを作ることに成功。

トーウィンセンターなど高級ショッピングセンターで売られている。ViViミャンマー版などに広告を出し情報感度の高い若者の支持を集めた。

ミャンマー/ヤンゴンの「進出支援/各種コンサルティング」「広告宣伝/販促活動」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「求人/人材紹介」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介求人/就職情報レストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第04993号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY