<特集>ミャンマー進出の新たなステップ 地方に投資してみませんか?

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

<特集>ミャンマー進出の新たなステップ
地方に投資してみませんか?

ミャンマー進出の新たなステップ 地方に投資してみませんか?

日本の1.8倍の広大な国土に、独自の風土や文化に富む7つの地域と7つの州、1つの連邦直轄領があるミャンマー。外資系企業の投資はヤンゴンに集中しがちだが、地方にも目を向けてほしい。

税制優遇策も発表

マンダレー最大のショッピングタウン「ミンガラーマーケット」

 2013年頃から始まったミャンマー投資ブーム。これまでヤンゴンを中心に展開されてきたが、地方へ熱い視線を向ける企業も増えてきた。現段階ではインフラ面でのデメリットも大きいが、豊かな人的資源と広大な土地、恵まれた自然が注目を浴びている。
 ミャンマー政府も、国の発展には地方の開発が不可欠と認識しており、この3月には新投資法に基づき、税制が優遇される「より開発が遅れた地域」(主に地方が該当)を指定する通達を発表。計画財務省投資企業管理局(DICA)も外資系企業がより地方で活動しやすいよう、地方に支所を次々と開設した。現時点で、ヤンゴン、ネピドー、マンダレー、タウンジー、モーラミャイン、パテイン、モンユワ、ダウェー、パーアン、バゴー、マグウェーと11ヶ所にのぼる。これらの支所では、会社の設立申請を始めとするさまざまな手続きが可能だ。

タイへのアクセスの良さを活かしたパーアン工業団地の縫製工場 冷涼な気候のシャン州には外資系のワイナリーも進出している

盛況だった地方投資フェア

今年2月に開催されたシャン投資フェア

 さらにミャンマー投資委員会はJICA と協力し、2015年に成功を収めたマンダレー投資フェアに続き、今年2月にはシャン州投資フェアを開催。内外から多くの参加者を集めた。脚光を集め始めているミャンマーの地方投資で、他社に先んじるのは“今”なのかもしれない。

今後の注目エリアは!?バラエティに富む地方の特色

ミャンマー進出の強い味方 ジャパンデスク

ミャンマー/ヤンゴンの「進出支援/各種コンサルティング」「広告宣伝/販促活動」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「求人/人材紹介」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介求人/就職情報進出企業INDEXレストランタウン情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY

 

PAGE TOP