ヤンゴン管区政府、12か所のニュータウン開発計画 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

ヤンゴン管区政府、12か所のニュータウン開発計画

2018.05.14 

 ヤンゴン管区政府は5月3日、総額1兆5千億Ksのニュータウン開発計画9か所を含む12か所のニュータウン開発計画をヤンゴン管区議会に提出した。7Day Daily紙が5月4日に伝えたもので、提案はヤンゴン管区政府が作成した「国内・国外投資家による都市開発計画に関する報告書2018-2021」に盛り込まれている。同報告書は日本政府が協力している大ヤンゴン都市圏開発戦略計画2040に沿ったもの。提出された報告書には、都市交通インフラの発展、住宅建設計画、工業分野の発展計画、経済分野の発展計画、市民の生活水準の向上計画などが盛り込まれている。

 工業分野の発展計画にはダゴンニュータウン(東部)におけるスマート・エコシティ(16,000エーカー)、近代的工業団地(9,000エーカー)の開発計画が含まれ2018年から2021年の間に実施するとしている。

 都市交通インフラに関しては、グエピンレー内陸港(200エーカー)の開発(総額1,500億Ks)、サンチーワ物流センター(642エーカー)の開発(総額1,920億Ks)を2018年から2023年に実施するとしている。

 住宅開発計画に関しては1兆Ksを使用し、ダゴンセイッカン、バズンタウン、インセイン、ヤンキン、サンチャウンの各郡区で住宅を建設する計画。

[AD]RoseGarden

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:Myanma Alinn Daily(The New Light of Myanmar) / The VOICE Daily / 7DAY DAILY / 7DAY WEEKLY

 

PAGE TOP