ヤンゴン政府、来年暑季の電力不足に備えて準備 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

ヤンゴン政府、来年暑季の電力不足に備えて準備

2017.11.17 

 ヤンゴン管区政府、電力・工業・交通通信担当のニー・ラー・チョー大臣は、来年暑季の電力不足に備えて準備中であると発言した。11月7日にヤンゴン管区議会で答弁したものを7Day Daily紙が11月8日に伝えた。

 答弁によると、ヤンゴン市郊外タケタ火力発電所で106MW、モン州タトン火力発電所で108MW、マグェー管区ミンジャン火力発電所で225MW、合計439MWが増強されるため、ヤンゴン管区で発生する停電は最小限に抑えられるという。

 ヤンゴン電力供給公社(YESC)は、電力・エネルギー省から1ユニットあたり50ksで電力を購入し、ヤンゴン管区内の一般家庭や工場などの需要家に電気を販売している。大臣は、YESCの配電コストを含めた原価は1ユニットあたり66.44ksで、1ユニットあたりの平均売上は73.63ksと発表した。

 現在の電力料金(1ユニットあたり)は、一般家庭向けの場合1~100ユニット:35ks、101~200ユニット:40ks、201以上:50ks、工場などの需要家向けの場合1~500ユニット:75ks、501~10,000ユニット:100ks、10,001~50,000ユニット:125ks、50,001~200,000ユニット:150ksと設定されている。

会員制プレミアムニュース

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:Myanma Alinn Daily(The New Light of Myanmar) / The VOICE Daily / 7DAY DAILY / 7DAY WEEKLY

 

PAGE TOP