ミャンマーの最低賃金改定、経営者側は4,000Ksを希望 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

ミャンマーの最低賃金改定、経営者側は4,000Ksを希望

2017.11.16 

 最低賃金の改定について、経営者側は日額4,000Ksを希望していることが労働・入国管理・人口統計省のミョー・アウン次官の話によりわかった。The Voice紙が11月6日に伝えたもので、11月4日に行われたミャンマー商工会議所連盟本部での公聴会に経営者側の代表者25人が出席し、政府側に意見を述べた。

 ミョー・アウン次官は「労働側が要求している日額5,600Ksでは50%以上の大幅な引き上げになる。これほど急に賃金が上がると採算が合わなくなると経営者側が主張した」とコメントした。

 ミャンマー縫製業協会のミィン・ソー会長は「2年に1回のペースで賃金が上がるのでは、外国から投資が入らなくなる」とコメントした。

会員制プレミアムニュース

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:Myanma Alinn Daily(The New Light of Myanmar) / The VOICE Daily / 7DAY DAILY / 7DAY WEEKLY

 

PAGE TOP