労働者層の生活困窮、ミャンマーの最低賃金改正が急務 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

労働者層の生活困窮、ミャンマーの最低賃金改正が急務

2017.08.17 

 ミャンマー労働組合総連盟は、現行の最低賃金である日額3,600Ksでは生活が困難であると発表した。同連盟はヤンゴン管区のモービー、南ダゴン、ラインターヤー、シュエピーター、ミンガラードンの各工業団地で就業中の労働者からアンケート調査した結果をまとめた。

 調査結果によると、1日の平均支出は4,500Ks~5,200Ksで、最低賃金では生活ができないことがわかった。同連盟賃金委員会のウイン・ゾー事務局長は「ヤンゴン市内の工業団地で働いている労働者は地方からの出稼ぎが多い。彼らは家賃だけで1日に2,000Ks払っている。これでは生活は無理」とコメントした。

 現行の最低賃金は2015年8月28日に決定されたもので、2年ごとに見直しされるため、早急に改正作業を行う必要がある。
[The Voice] 2017/8/10

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY

 

PAGE TOP