ミャンマー産の竹炭、日本や米国から引き合い - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

ミャンマー産の竹炭、日本や米国から引き合い

2017.04.20 

 現地紙「Pyi Myanmar」によると、ミャンマー産の竹炭に、日本や米国、ベトナムなどから買い付けに関する引き合いが入っていることがわかった。

 ミャンマー竹生産者協会のウイン・チョー・ウー会長は「引き合いのあった3か国にはサンプルを送付済み。ミャンマーでは竹炭の生産はまだ本格的には始まっていないが、もし、100トン、200トンの注文が入ったら、ミャンマー国内の竹が全部伐採されてしまうだろう」とし、「今後は農民への教育が重要。これには最低2年が必要だ」とコメントした。

 竹炭は燃料としてだけでなく、臭いや電磁波の除去、放射能対策、食用として便秘対策、脂肪やコレステロールの吸収など広範囲で利用されている。

会員制プレミアムニュース

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:Myanma Alinn Daily(The New Light of Myanmar) / The VOICE Daily / 7DAY DAILY / 7DAY WEEKLY

 

PAGE TOP