ミャンマーの労働者ら、最低賃金日額5,600Ksを要求 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

ミャンマーの労働者ら、最低賃金日額5,600Ksを要求

2017.03.31 

 最低賃金を日額5,600Ksに引き上げることを要求する労働者1,000人以上が、ヤンゴン市のラインターヤー郡でデモ行進を行った。

 デモ行進に参加した労働組合代表ラ・ラ・テイン氏は「最低賃金5,600Ksは2013年からずっと要求していることだが、出て来た数字は日額3,600Ksだった。新たに設置された最低賃金検討国民委員会は今度こそ我々の要求を受け入れるべき」と話した。

 現在、労働者の最低賃金は日額3,600Ksで2015年に決定された。法律によると、2年ごとに見直しを行うことになっており、2017年3月末までに決定しなければならない。しかし、2月16日に新たに設置された最低賃金検討国民委員会は、各管区・州レベルの委員会の設置を待っているところで、未だに検討作業が始まっていないという。
[7Day Daily] 2017/3/21

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY

 

PAGE TOP