ヤンゴン・シュエ・スタイル(Yangon Shwe Style)|ヤンゴン在住の女性情報局員が、毎月お役立ち情報をお伝えします。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ヤンゴン・シュエ・スタイル(Yangon Shwe Style)はヤンゴン在住の女性の目線から情報発信するために生まれました。女性情報局員が毎月お役立ち情報をお伝えします。

Yangon Shwe Style情報局員:
みえ(41)ゆみこ(49)さおり(34)まさこ(38)ゆみ(37)Tomo(27)Maimai(27)Onyo(50)Bonita(50)

 

[第4回]メイドさん、ドライバーさんとの賢い付き合い方

メイド編

 メイドさんは、慣れないミャンマーでの生活を手伝ってくれる頼もしい存在。ただ生活習慣やビジネスの常識も違うミャンマーでのこと、注意も必要です。

 メイドさんを雇う場合には、多くの場合は紹介になるでしょう。同じアパートや近所のメイドさんから紹介してもらうことが多い模様。信用のおけるメイドさんに紹介してもらうのが良いようです。紹介者の雇用暦や給料も聞いておくとグッド。サービスアパートでは、フロントに頼むと楽。不動産会社に紹介してもらうこともできます。

 コックや掃除、子守り(ナニー)などにそれぞれ専門性があり、雇う際には「あなたの仕事はこれとこれとこれとこれ」とはっきり示しておかないと、「ペットの世話をするなら別途報酬をくれ」などともめる原因にも。住んでいる地区やサービスアパートによって相場が違うこともあり、給料の目安は一概には言いづらいのが現状です。実例ベースでは コック兼雑用で月130000Ks、日本食が上手なコック月170000Ks、日本語ができるナニー160000Ks、アイロンと洗い物で80000Ks、あるサービスアパートではフロントに紹介してもらうと月300 ドル以上、一軒家の住み込みで夫婦のガードマンとメイドで300ドルずつなど。

 メイドさんの家族や、宗教などの文化背景にも十分注意を。例えば、少数民族には独自の祝日があるので、休みにしてあげないといけません。また、家族が家を訪問にくることもありますが、最大限ウェルカムしてあげましょう。言動にも十分に注意を。ヤンゴンの家族として大切にしてあげましょう。勤務態度が気に入らなくても、人前で叱るのはNG。プライドが高いのでそのまま辞めてしまうケースもよく聞きます。辞めることになっても、円満に辞めてもらいましょう。どこで会うかもわからないので。

ドライバー編

 ドライバーさんをお願いするには様々なパターンがあります。運転手つきレンタカーを使用すると、およそ月1000ドル以上とお値段は張りますが、楽で安心です。ドライバーさんが体調不良などで休んでも代わりの人が来てくれます。ドライバーさんを直接雇うこともでき、すでにどこかの家で働いているドライバーさんに紹介してもらう人が多いようです。直接雇用の場合、休んだり辞めたりした場合に面倒です。また、車を持っている人はドライバーさんだけ雇うことも可能です。

 ヤンゴンのドライバーさんは運転歴が浅く、技術も未熟。そこで思い切って自分で運転するのも一つの選択肢。「自分で運転したほうが怖い思いをしない」という日本人女性も。

 運転の仕方を指導したら突然辞めたという例も聞きます。メイドさんと同様、こちらも文化や宗教的背景には十分な配慮が必要。ある日本人女性は、何気なく靴を車の屋根の上に置いたところ、レンタカー会社から「二度としないでください」との電話があったそう。詳しく聞くと、車の中に仏様の飾り物があり、屋根に靴を置くことはひどく失礼なことなのだとのこと。言われないとわからないこともありますが、十分な注意が必要ですね。



ミャンマー/ヤンゴンの「進出支援/各種コンサルティング」「広告宣伝/販促活動」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「求人/人材紹介」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介求人/就職情報進出企業INDEXレストランタウン情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY

 

PAGE TOP