ヤンゴン・シュエ・スタイル(Yangon Shwe Style)|ヤンゴン在住の女性情報局員が、毎月お役立ち情報をお伝えします。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ヤンゴン・シュエ・スタイル(Yangon Shwe Style)はヤンゴン在住の女性の目線から情報発信するために生まれました。女性情報局員が毎月お役立ち情報をお伝えします。

Yangon Shwe Style情報局員:
みえ(41) ゆみこ(49) さおり(34) まさこ(38) ゆみ(37) Tomo(27) Maimai(27) Onyo(50) Bonita(50)

 

[第2回]ヤンゴン新生活 A to Z (後篇)

Noodle

ミャンマーの代表的な麺料理といえばモヒンガー。米でできた麺にナマズからとった出汁が独特の味わい。アヒルのゆで卵や豆の天ぷらのようなトッピングはお好みで。地元の人には定番の朝ごはん。人気店では早朝から行かないと「売り切れ御免」でありつけません!

 

Organic

ヤンゴンでもオーガニック食材に関心が高まってきていて、お店も増えてきています。日本人主婦に人気の「グリーンヒル」はヤンキン地区に1年前にオープン。シャン州で有機栽培で採れた野菜や鶏卵の他、パンやプリンなど新商品も続々登場。またカマーユッ地区の「シャーキーズ」では乳製品、ハム、パン、肉などが販売されていて、“ミャンマー産”にこだわった逸品揃い。ちなみにここの自家製ジェラートは絶品ですよ。

 

Photo

ミャンマーにいる間のやることリストに、ミャンマー衣装を着てプロのカメラマンに撮影してもらう「記念写真」を加えることをお勧め。伝統衣装のレンタルやメイクアップのサービスもあって、あまりの変身ぶりに、いい思い出になること間違いなし。評判がいい写真スタジオはこちら。SAI PHONE HTOO 予約制(英語可)292953,294606。

Queue

ヤンゴン生活のストレスの1つに“順番を待つ列への割り込み”があります。スーパーのレジ、公共のトイレ、信号待ちの車線上、あらゆる場面での割り込みは日常茶飯事! 何がいけないのか?という感覚で、ミャンマーの多く人には一列に並んで順番を待つという“マナー”があることが浸透していないのが現実。もし順番抜かしされたときは「並んでね」と一言伝える勇気をもってみて。

Rental

不便なミャンマーでの暮らし。わざわざ買うまでもなく期間(時間)限定で借りられたら助かるという物もあったりします。 駐在家庭では定番の“レンタカー”、家具付きではないコンドミニアム賃貸での“家具・家電”、ホームパーティー用の食器や調理器具、こどもの誕生日パーティーに遊具・出張ピエロ、そして乗馬用の“馬”などなど。大金持ちが一定数いるミャンマーですから、探せばびっくりする“レンタルサービス”もまだまだありそう。

School

子どもが通う学校は大きくわけて3つ。日本人学校、インターナショナルスクール、現地校。最近はミャンマーへの関心が高まると同時に外国人の子どもも増え、特にインター校はウェイティング状態は当たりまえ。入学・卒業認定の条件も様々なので、学校調べは早めに動くことが大切。ちなみに日本人学校は新校舎が完成し、今のところはウェイティングはないそう。(4月末現在)

Taxi

ここ数年で急増のタクシー。初乗りも1000~2000ksと安く利用しやすいヤンゴンでの移動の足です。ただ乗り心地はそれなりの覚悟が必要で、窓全開でエアコンをつけないタクシーも多々あり。乗り方は、まず目的地を伝え、行ってくれるのか?いくらなのか?の交渉し、成立したところで乗車。英語が話せないドライバーも多いのでミャンマー語メモを持っておくといい。犯罪絡みの危険な思いをしたという話はきかないけれど、運転が下手すぎて交通事故にあうかも!というスリルは付きものです。

UV

紫外線指数のUVインデックス(1~5:弱中程度、6~10:強い、11以上:極端に強い)によると、乾季のヤンゴンは「12」に達するそう。日中の外出時は長袖シャツを着たり、日焼けどめを塗ったり、帽子をかぶるなどしっかりとUV対策をしたほうがよさそう。特に女性は、あとになってシミに泣かさせるより前もっての防御が大切。

Volunteer

ヤンゴン在住の女性はボランティア活動に携わっている方が多いです。代表的なものが僧院で日本語を教える活動、孤児院へ行き手料理をふるまったり、日本の遊びを伝授したり。またザガインを中心に医療活動を行う「ジャパンハート」が病院で手術や治療で使用するガーゼを使いやすいサイズに裁断して縫うという奉仕活動は、自宅でもできることから現在15名ほどが参加しているそう。なにかに力添えしたいという思いがある方、ミャンマーではボランティアの選択肢は豊富だと思います。

Water

水道事情のよくないミャンマー。意外にも上水が通っておらず井戸水を汲み上げて生活水にしている住宅がヤンゴンでもたくさんあります。ですから飲み水には絶対にペットボトルの水ですよ! 国産では「アルパイン」が最もポピュラーでお値段もお手頃。家での炊事に使うなら「マンダレーウォーター20L蛇口付き」も便利。ただ、大きなボトルは使いまわしなので、ボトル自体の衛生面も心配。念のため加熱したほうが安心です。宅配してくれるサービスがあるので、重たいボトルを買出しにいく必要はありません。

Xerox

街中の宣伝広告を眺めていると、よく日系企業の名前が目に飛び込んできます。とくに昨年あたりから、富士ゼロックスやシャープやコニカミノルタなど複合機を扱う企業も元気に営業中。ミャンマー人は自動車も電化製品もジャパンクオリティーを信用していると聞くけれど、精密機械もね。最近では日本人スタッフもいてアフターフォローをしてくれるメーカーも増えてきたので安心です。ちなみに富士ゼロックスは日本人は3名常駐しているそう。

Yaw Min Gyi

ボージョーアウンサンマーケットの裏側に位置するヨーミンジーの地域は、いつも賑わっています。日本人駐在員住居も多く、飲食店も和食にタイ料理にバーガー屋にカフェ、サラダ専門店、ベーカリーと、外食にも買い物には便利すぎるスポット。在住日本人に人気のシャンヌードル屋「アウンミンガラー」もこのエリア。休日にぶらぶら歩きして極めてみて!

Zei

地元の人々の生活に欠かせない市場“ゼー”。路上でたくさんの人でにぎわう活気に驚くと同時に、野菜や肉・魚などは新鮮で安価。生鮮な状態すぎて、豚の頭がドンと置かれていたり、内蔵が丸出しだったり…の姿にたじろぐことも。ほぼミャンマー語での会話になるので、外国人は値段を高く要求されることもあるので注意。たくさんのゼーがあるので、お気に入りの市場を見つけるのも楽しいですよ!



ミャンマー/ヤンゴンの「進出支援/各種コンサルティング」「広告宣伝/販促活動」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「求人/人材紹介」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介求人/就職情報進出企業INDEXレストランタウン情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:The Mirror / Myanma Alinn Daily (The New Light of Myanmar)/ The VOICE Daily/ The VOICE Weekly/
7DAY DAILY/ 7DAY WEEKLY / THE YANGON TIMES DAILY/ THE YANGON TIMES WEEKLY

 

PAGE TOP